町田にあるワキガ治療病院

皮膚切除法、超音波

デメリットは直に確認しながらアポクリン腺を切除するわけではないので、取り除くはずの汗腺の見逃しや取り除ききれず残ってしまい、結果再発してしまうといった可能性がゼロではなくなります。
ここに関しては皮膚切除法の方が確実性がありますね。
次は超音波でワキガ治療を行う方法のメリットとデメリットです。
わきの下に数ミリの切り込みをいれ、そこに超音波の発する管を入れて、脇の臭いの原因であるアポクリン腺、エクリン腺を粉々にして吸引するのが超音波法です。
メリットは吸引法と同じく傷跡がほとんど目立たない上短い時間で汗腺の除去が可能なところでしょう。
デメリットは超音波を発すると微量の熱も同時に発するので、患部をやけどをしてしまって組織を傷つけてしまう恐れがあります。
もちろんこういったことはめったに起こりませんが安全性を気にするのであれば可能性はゼロではないということを頭に入れておく必要があるでしょう。
次の方法は剪除法と呼ばれる脇に数センチの切り込みを入れて医師がしっかり確認しながらアポクリン腺の除去を行う手術です。
こちらのメリットは医師の目視が可能な手術なので、完全にアポクリン腺の除去ができます。
なので再発による心配はなく、これまでに紹介したワキガ治療の中でも確実性は段違いです。

ワキガ施術の種類とメリット、デメリット皮膚切除法、超音波ボトックス注射とミラドライ